オンラインカジノで使われている攻略法パーレー法(逆マーチンゲール法)

パーレー法(逆マーチンゲール法)

オンラインカジノ攻略法「パーレー法(逆マーチンゲール法)」

バーレー法は逆マーチング法とも呼ばれていますが、簡単に言うと「マーチング法」の逆です。

 

これは、マイナスが少なく済むやり方ですが、「大勝」が見えている賭け方でもあります。

 

「パーレー法(逆マーチンゲール法)」は勝率約50%、配当が2倍以上のルーレットやブラックジャック、バカラ等のゲームに有効です。「パーレー法(逆マーチンゲール法)」の性質は資金効率が良いと言われていて、カジノプレイヤーから支持を受けている攻略法です。

 

賭け方としては1つだけです。「勝ったら掛け金を2倍にする」ということだけです。

 

勝ったら掛け金を倍にするというやり方なので、最初は1からスタートして、負ければ1に戻すことになります。

 

簡単に勝敗を50%として、3つのパターンを作ってみましょう。

 

  • 1回目○=+1
  • 2回目×=0
  • 3回目×=-1
  • 4回目○=0
  • 5回目×=-1
  • 6回目○=0
  • 7回目×=-1
  • 8回目○=0
  • 9回目×=-1
  • 10回目○=0

 

  • 1回目×=-1
  • 2回目×=-2
  • 3回目×=-3
  • 4回目×=-4
  • 5回目×=-5
  • 6回目○=-4
  • 7回目○=-2
  • 8回目○=+2
  • 9回目○=+10
  • 10回目○=+26

 

  • 1回目○=+1
  • 2回目○=+3
  • 3回目○=+7
  • 4回目○=+15
  • 5回目×=-1
  • 6回目○=0
  • 7回目×=-1
  • 8回目×=-2
  • 9回目×=-3
  • 10回目×=-4

 

極端な感じですが、こんな感じになります。
どれも、5勝5敗のイーブンですが、2セット目の場合だと大きなプラスになります。

 

しかし、3セット目を見てもらうと分かるように、途中まで大きくプラスでも、1度の負けでマイナスに転じてしまう賭け方になります。
ですので、「どこでやめるか」ということが重要になってくる戦法になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加