オンラインカジノの収入と税金について

オンラインカジノの税金

オンラインカジノの税金は一時所得

オンラインカジノに参加して、高額利益が出て勝った場合の税金は当然のようにかかります。

 

アメリカのラスベガスにある本場のカジノでは、高額出金の場合、税金を差し引くようですが、日本でプレイするオンラインカジノの場合、高額利益がでてもオンラインカジノ側では、税金を差し引くことは、ありません。

 

つまり、高額利益が出た時は、自分で確定申告を行わなければなりません。

 

オンラインカジノで得た利益も、競馬などで得た利益も、一時所得として扱われます。

 

一時所得の計算方法ですが、純所得の半分が課税対象になります。
純所得とは、収入から支出を引いて尚かつ特別控除額の50万円を引いた金額にあたります。

 

課税対象金額は、先程の計算方式で、出て来た純所得の、半分になるという事です。

 

しかし、大金を稼がないかぎり実際にギャンブルで勝ったからといって税金の申告をしている人は少ないです。

 

税務署もそういうところは目をつぶっているのかわかりませんが、数百万くらいでは聞いたことがありませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加